Takahashi-Kogei NEWS

サウナと一服を考える

2020年7月8日 - takahashi-kogei

第7話 サウナと一服を考える


皆さん、こんにちは。
Ippukubox公式WEBライターことフジタです。

最近部屋に小物を置くことが好きになってきました。
掃除がしにくくなるという理由で基本的に物は置かないようにしているのですが、綾波レイみたいな部屋ではやはり味気なく、生活している感が薄れるので、このスペースには好きなものを置いてもいいというルールを定めて細々と小物を買っています。

ゆとりや不要不急なもので人生は豊かになるなぁと感じる次第です。

フジタ・サウナー・フジタ


さて、今回はサウナと一服についてです。ここ最近最強のリフレッシュ方法としてビジネス書まで出ているサウナ、皆さんはどこまで体感したことがあるでしょうか?

因みにフジタは生粋のサウナ―です。
社会人1年目でサウナにドハマりし、当時大阪の天王寺で働いていたのでスパワールドに平日・休日問わずに入り浸っていました。歴は7年といったところでしょうか。

因みに高橋社長にこの話をすると「サウナはおじさんの趣味だから嫌だ」と言われました。

多様性を認めない会社は衰退する為、彼が変わらないと高橋工芸は変わらないのかもしれません。良いじゃないか、おじさんでもハゲていても。

ただ、彼の言い分も分かります。

彼がイメージしているのはドライサウナと呼ばれる、明るさギンギン、テレビがガンガン、感想がえげつなく髪がギシギシ、といった日本式のサウナです。

尚且つ、サウナのみで水風呂を入らないスタイルかと思います。日本の悪いサウナライフです。

私が伝えたいのはフィンランド式サウナ、静かな空間で少ない光、水風呂とサウナを交互に入るスタイルです。

こちらは脳汁がドバドバ出ます。脳のエステだと私は考えています。

これは嘘ではなく、脳のストレスを感じている部分をサウナ神の手で直接マッサージされる感覚があります。

様々語りたいことは多々あるのですが、効能は

➀ストレス解消

➁免疫力の向上

③美肌効果

といった所でしょうか。詰まるところ血行の改善により体に栄養と酸素が行きわたり、酸素が脳に過剰供給されて合法的にトリップできるという代物です。

科学的な根拠は無いのですが、私が思うにサウナは一服することに全集中する数少ない時間だからこそリフレッシュできるのだと思います。

スマホで情報を得ながらする休憩ではなく、休憩に全てを注ぐ。

オフラインに中々なれない現代においてサウナは真の一風を出来る場所なのではないでしょうか。

ではまた。

to be continued…

購入はこちらから/高橋工芸official shop
https://takahashikg.official.ec

Ippukuboxの詳しい情報はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055054.html


writing/フジタ fujita
Ippukubox公式WEBライター。福井県鯖江市出身、愛知県在住。
既婚の29歳であり本業は採用やWEBのコンサルタント業に従事。
高橋社長、夫人とは武生高校在学時の同級生。


+++高橋工芸のSNSにて記事の更新をお知らせしています+++
facebook:https://www.facebook.com/Takahashi_kougei-100623718012686
twitter:https://twitter.com/KogeiSabae
Instagram:https://www.instagram.com/takahashi_kougei_sabae/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です