Takahashi-Kogei NEWS

ウィンドウショッピングは消費につながるのか

2020年7月17日 - takahashi-kogei

回遊型で買い物しがちな件について


こんにちは。高橋工芸の高橋みゆきです。

みなさま、買い物していますか?

私は、コロナの外出自粛の影響もあり、最近はネットでの買い物が増えました。
(宅配のお仕事の方は神様ですか。とまで思います。)
でも、店頭で実物を見て買うのは、また違った楽しみもあるなぁとしみじみ思うこの頃です。

ネットでの買い物は基本的に目的買いになります。
シャンプーが欲しい、と思えばシャンプーを買う。ついでに買ってもトリートメントくらいでしょうか?

比べて、店頭での買い物は回遊型になりがちです。
シャンプーが欲しい、と思ってお店に行っても、棚で見かけたスキンケア商品が気になったり、ついつい新作のお菓子に手が伸びたり・・。
気がつくと予定にないものまで買ってしまいがちですよね。

女性脳と男性脳の違い


回遊型の買い物は、女性の方が多いと言われています。
食料や日用品、子供の物の買い物は、女性が担うことが多かったため、遺伝子的に必要な買い物をしながらも「洗剤のストックがあったかな?」「子供のパジャマを新調しようかな?」など考えながら買い物をする癖があるからだそうです。

そう考えると、男性の買い物は自分や家族に必要なもの、に、ある程度限られてきます。必然的に目的買いになるというのも頷けますね。

ウィンドウショッピングは・・?


さて、タイトルにもあったウィンドウショッピングの話です。
回遊型で買い物しがちな女性、ウィンドウショッピングも楽しいですよね〜。
新作、という名の付くものに一通り目を通したり、お気に入りの雑貨屋をウロウロしたり・・。
ウィンドウショッピング、って見てるだけじゃん、消費活動になってないじゃん、
という声も聞こえてきそうですが、見てもらうだけでも十分宣伝になってるんです。
宣伝効果があるということは、消費活動に繋がっているんです。

例えば、お店に入って季節感を感じる事ありませんか?
春先に夏服が出ると、夏が待ち遠しくなったり、ハロウィンが終われば即クリスマス商戦が始まったり、と
考えてみれば、春に夏服が出たって夏はまだまだ先、梅雨の存在忘れてますか?って問いたくなるし、
ハロウィン終わったってまだ11月な訳で、その時点でクリスマスって浮かれすぎじゃない?と思いますが、
季節感を先取りして示す事で、商品の宣伝をしているんです。

同じような形や色のワンピースをいつくものブランドが店頭に出せば、ファッション誌を毎号読むような人じゃなくても、それば流行りだって分かります。
そのワンピースが気に入ったなら、今後購入を検討するかもしれないし、
流行りのワンピースなんて着てやらねぇ、という人なら何か別の流行りじゃないものを探す行動に出るかもしれないですね。
クリスマスの場合、「今年はおうちクリスマス」というキーワードで部屋を飾りつける商品や、複数人で楽しめるゲーム商品などが売り出されれば、なんとなく「今年は家でまったりクリスマスもいいな」なんて気持ちにさせてきます。
それがハロウィンの次の日、11月1日であろうと。

負けを認めざるを得ない


私は、ウィンドウショッピングが好きです。
10代の頃から好きです。物をみるのが好きなんだと思います。
だから、商品をつくる仕事に就いてから、仕事で市場を見て回ることが何の苦にもならなくてラッキーと思っています。

ワンピースの話もクリスマスの話も、実際に私も経験したことがあります。
「ここで買ったら負けな気がする」という何と戦ってるのか分からない精神で、私は広告に踊らされてないぜ!と強がり、買わずに通り過ぎる、という事を繰り返していました。

ただ、先にも書いたように、目に入ったその時点で負けているんですよね。
広告にしてやられているんです。
現代の日本なんてどこに出かけても、いや、もう出かけなくても、SNS上でも。知らないうちに広告に踊らされているなと思う今日この頃です。

ここまできたら、広告でも何でも仕入れられるだけの情報を集めて、自分の生活に活かしていけばいいんじゃないか、と開き直って考えるようになりました。
情報に溢れるこの世の中をそんな風に見ながらウィンドウショッピングできたら、楽しいですよ。きっと。

買い物もイップクも全力で楽しむ精神です。
イップクいかがですか?

ご購入はこちらから
高橋工芸 official shop
https://takahashikg.official.ec

Ippukuboxの詳しい情報はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055054.html


writing/高橋 みゆき miyuki takahashi
高橋工芸 商品企画担当。1990年9月18日生まれ。福井県越前市出身、鯖江市在住。
京都嵯峨美術大学短期大学部卒、大阪の絵具メーカーにて企画・プロモーションを経験後、結婚を機に福井にUターン。山が好き。


+++高橋工芸のSNSにて記事の更新をお知らせしています+++
facebook:https://www.facebook.com/Takahashi_kougei-100623718012686
twitter:https://twitter.com/KogeiSabae
Instagram:https://www.instagram.com/takahashi_kougei_sabae/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です